月刊自動認識9月号の連載記事

・はじめに 
  子供のウソは、親のせい?
・ユースケースB.10: ショッピングと栄養摂取プランナー(栄養士) 
   スーパーマーケットなどでは、人員の削減などで、セルフレジが普及しつつあるが、シニアや障がい者は、買い物しづらい環境となっている。それらの人々の買い物支援が必要ではないか、と言う事で、ここでは、スマホアプリで、ショッピングアドバイザーが、シニアなどの栄養バランスに配慮して、買い物リストを作り、スーパーの品物配置情報に合わせて、最短ルートで効率よく買い物が出来るようにと、提案している。また、知的な冷蔵庫の中の品物が不足すると、その人の買い物リストに追加されるか、その品物を販売している商店に、注文書が自動作成され送られる。飲み物など重い荷物は、宅配サービスを受けられる事となっている。など、これからの高齢化社会のより良い生活環境を提案している。
・おわりに
 これらの支援をしていくためには、持続性等が、必要であるが、そのためにも、標準化による貢献が大きく関わって来る。

・その他
 最近の記事で見たことである。コロナ禍の中で、ソーシャルディスタンスが言われているが、視覚障がい者にとって、とても困難なことであるとのことが書かれておりました。コロナ禍でなくても、バス停などで並ぶ、マーケットのレジで並ぶなど、支援をどうすれば良いかを今後考えて行く必要があるかと思う。まして置き去りなどはないかと思うが、取り敢えずは、人々の助け合いに委ねる事となる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。