月刊自動認識2022年3月号連載

月刊自動認識3月号連載⑩「ETA・AAL の普及を目指して」の内容の紹介

はじめに 住んでいる地域で互いに助け合うという事が言われてはいるが、現代社会の生活様式の変化とコロナ禍の中で、なかなか難しくなって来たようである。

AAL(シニア等のIT機器による日常生活支援)の利用例

・利用例B.1 個人健康診断
 ご高齢の千代子さんの複数の病に対する医療・薬局の連携等による支援が描かれている。

・利用例B.6 ターミナル(IT機器など)を利用し易いようにする
 英国から来日された70歳で弱視とアレルギーがあるボブさんが、快適な観光旅行を楽しめるETA支援が描かれている。

・AALシステムに異なるウェアラブルバイタルセンサーを自由な組み合わせて利用できる仕組みとは

おわりに
その人に、本当にあった支援ができる為に支援者が心がけなければならない事とは。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。