月刊自動認識2022年2月号連載

はじめに 難病ALSに罹患した、声優がおなじ境遇の人たちとコミュニケーションをとるために、
パソコンを利用するが、病気の進行によりパソコンの操作が出来なくなり、パソコンなどに詳しい
「デジタルヘルパー」が必要とのことであった。AAL システムも多くのセンサーや機器から構成さ
れているので、シルバーや障がい者も、このような人の支援が必要である。

● 便利なタッチパネル機器を知らないひとたちもいる
● 何故タッチパネルの普及が進んでいくのか
●エンジニアの夢を実現できる企業に
●スーパーのセルフレジを視覚障がい者が利用するために。
●タッチパネルのまとめ
●鉄道の駅のホームドアの必要性
おわりに 次回はAALのユースケースです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。