月刊自動認識10月号の連載概要

はじめに 
 AAL(Active Assisted Living)の話に入るが、筆者とAAL の出会いの経緯とコロナ禍に於いてAALシステムがあれば、もう少し罹患者とその家族、医療機関・保健所等が効率よく療養支援が出来る様になったであろうことを述べている。

・AALは、どんなことを目的としているのか
 IT機器による日常生活自立支援の対象が、独居のシニアだけではなく、もっと広い人々のことを考える必要性を述べている。

・新型コロナウイルスの感染状況にAALシステムがあれば

・AAL の標準化や運用ルール作りが、なぜ必要なのか

・ETAとAALの関係について

・人と物の位置が正確にわかると支援が広がる
 超広帯域無線システム(UWB)技術の利用について

・ホームコンシェルジュがいる家庭
 AALシステムと利用者とのコミュニケーションをとるAIロボットを提案

おわりに
 読者からの反応に感謝し、8月号の誤記を謝罪。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です